よくある相談事例

医師からの相談事例

大学医局員として遠方の病院ばかりに10年以上勤務医局員として派遣され、希望地区に勤務できないので、自己の専門を生かした希望地区のHPを紹介してほしい。 
専門医としてのキャリアを活かしきれないHPに派遣されているのには理由があります。
患者さんや他の勤務医とのコミュニケーションが問題であったり、医師本人が気がつかないことがあるためアドバイスし、希望であれば他病院へ紹介した。
婦人科医をしているが、年齢的にも勤務がハードであり将来に不安である。
介護保険に関わる施設に移りたいがどの様な施設が勤務できるのか?また内科的臨床を勉強したい。
介護保険、医療保険、対応の施設で内科的補助できる施設があるので紹介した。
勤務医から開業して数年になるが、少ない急性期患者ばかりで慢性期患者がすくない。
開業場所が悪かったのだろうか?
開業場所の影響もあるが、現在は開業医の件数が増え、高齢者の慢性期患者さんはあまり増えていないため経営的に難しい状況にある。そうなると高齢者のリピータが重要です。やはり患者さんとのより良いコミュニケーションができているかを見直して下さい。
現在勤務であるがある医療機関から雇われ院長として誘いがあるが悩んでいる。
現状の医療法人は医師不足が慢性化しており、その結果経営的にも厳しい状況です。
また、高齢化している理事長さんの後継者がいなく困っている機関もあります。
当然高額な報酬を提示して勧誘されますが非常にリスクが伴います。
経営マネージメントは経営的責任を負うわけですから慎重な判断が必要です。
条件が良い誘いほど背景を調査すべきです。

その他の相談事例

  • 他の医師より臨床医として劣っていたり、高度医療についていけず、仲間の医師から冷たくされて困っている。

※公開出来ない深刻な内容のご相談も多数対応させていただいております。
 詳しくはお問い合わせ下さい。



お気軽にお問い合わせ下さい。 052-624-1508 受付時間 09:00-20:00 (年中無休)

メールでお問い合わせはこちら

よくある相談事例


このページの先頭へ
© Medical Human Service All Right Reserved.